開いた本

きらり あっとほーむ からのお知らせ

【教室の日常】自由な発想で

今回は手作り教材のご紹介です。

今回はお話作りをテーマにしたカードゲームです。



アイテムを使い、イベントカードに書かれた「困ったこと」を解決するようなお話を作る、というものです。(全くのオリジナルというわけではなく、このゲームの元となるものがあり、それを参考に作成しました。)

ゲームのルールを理解するために、始めは職員だけで取り組んでみました。

お題やアイテムの内容によっては、大人の我々でも考えるのが難しく、無理やり話を作って

笑いを誘ったり、意外と上手い話になって他の職員を納得させたりと、短時間ながら盛り上がりました。

そして後日、何名かのお子様に使ってみたところ、どのお子様もなかなか楽しめた様子でした。


正解不正解は存在せず、一人一人が自由な発想で話を作るので、時には指導員も驚くような

素敵な話が出てくることもありました。

このゲームを通して、お子様の想像力やスピーチ力などの向上が期待できます。

相手と話をしたり、頭の中で何かをイメージしたりするのが苦手なお子様に、楽しみながら活用できればと思っております。

最新記事

すべて表示